Terms & privacy

WADA E-ラーニングコース・エンドユーザー使用契約

  1. はじめに

以下は、世界アンチドーピング機構(WADA)のEラーニングコースのエンドユーザー使用契約(以下「本契約」)を構成するものであり、WADA E-ラーニングコースの利用者は全員確認し、承諾する必要があります。

WADA E-ラーニングコースは、ドーピングの危険性、アンチドーピング・プロセス、権利と責任、アンチドーピングとクリーンスポーツの基礎を成す価値観についてユーザーが必要とする情報を提供できるように設計されています。特定の国際連盟(「IF」)または国内アンチドーピング機関(「NADO」)に所属するユーザーにとって、IFまたはNADOの競技またはイベントへの参加するには、WADA E-ラーニングコースを完了することが必須条件です。

WADAはプライバシーと個人情報の保護に関する国際基準( ISPPPI」)の対象となるアンチドーピング機関であり、ユーザーの所属するIFNADOにも適用されるISPPPIに従って、個人情報を保護することを約束します。

アカウントを作成し、WADA E-ラーニングコースを開始する前に、この契約をよく読み、確認してください。アカウントを作成し、WADA E-ラーニングコースを開始すると、本契約を読み、理解し、同意したとみなされます。これらの条件に同意しない場合は、WADA E-ラーニング・アカウントを有効にしたり、Eラーニングコースにアクセスしたり、利用したりすることはできません。

WADAは、本契約を必要に応じて変更する権利を留保します。さらに、WADA E-ラーニングコースへ継続的にアクセスし利用すると、本許諾初の変更に同意したものとみなされます。

  1. アカウントの有効化とWADA E-ラーニングコースへのアクセス

WADA E-ラーニングコースには有効なアカウントを持つユーザーしかアクセスできません。アカウントを有効化するには、本契約に同意する必要があります。次に、割り当てられたデフォルトのパスワードを変更します。

アカウントの作成とアクセスの際に入力する情報に、虚偽情報を意図的に含めることは禁止されています。入力した不正確な情報または虚偽の情報に対するあらゆる責任はユーザーが負うものとします。

ユーザー名、パスワード、アカウントの機密保持と、ユーザー名、パスワード、アカウント情報の誤った漏洩を防ぐために十分な予防措置を講じることは、ユーザーの責任となります。

また、アカウントの不正使用やその他のセキュリティ違反があれば、すぐにWADAに通知することに同意するものとします。WADAは、ユーザーが認識していたかどうかに関わらず、他者がユーザー名、パスワード、またはアカウントを使用した結果として被る可能性のある損失について責任を負いません。ユーザーは、他者がユーザーのユーザー名、パスワード、またはアカウントを使用したためにWADAまたは他の当事者が被った損害(損害に関連する法的手数料を含む)について、責任を負います。WADAは、ユーザーのアカウントが権限を有しない他者によって使用されていると判断した場合、またはユーザーが本契約に従わなかった場合、またはその他の理由がある場合、単独の裁量でユーザーによるWADA E-ラーニングコースへのアクセスを一時停止または中止することがあります。アカウント所有者の明示的な許可なく、他者のアカウントを使用することはできません。

  1. 個人情報の使用および保持
  1. 対象となるデータのカテゴリ

WADA E-ラーニングコースのアカウントを作成する際には、本契約の目的を達成するため、個人情報とみなされる以下の情報を提供する必要があります。

  • 名前と姓
  • Eメールアドレス
  • 出身地
  • 居住国および出生国
  • 年齢層
  • 性別。および
  • 競技に参加しているスポーツ
  1. 個人情報の保管

WADA E-ラーニングコースは、カナダにあるWebベースのプラットフォーム上に、サービスプロバイダーによってホストされています。WADAは、WADA E-ラーニングコースのホスティングに利用するサービスプロバイダーを選択する権利を有します。

WADAは、WADA E-ラーニングコースのユーザーアカウントを作成するために提供されたすべての個人情報を保護するため、サービスプロバイダーが高いレベルの技術的および組織的セキュリティを提供できるように、契約上の措置を含むすべての適切な措置を講じるものとします。

  1. WADA E-ラーニングコースのデータ保持

WADAは、ユーザーが同意を明示的に取り消さない限り、[25] 年間にわたってWADA E-ラーニングコース(以下「WADA Eラーニングコース・データ」)の受講中に入力されたユーザーの応答を保持するものとします。WADAは、セクションEで詳しく説明しているように、研究目的でのみWADA E-ラーニングコースデータを保持し、データの匿名性を守り、ユーザーの身元と関連付けられないことを保証します。

WADAは、カナダにあるウェブベースのプラットフォーム上に、WADA E-ラーニングコースのデータを保持するものとします。WADA E-ラーニングコースには、入力されたデータのセキュリティを維持するための技術的、組織的およびその他のセキュリティ対策が適用されています。さらに、WADAおよびアンチドーピング機関は、データの機密性を保証するために、社内および契約上において保証機構を設けています。

WADA E-ラーニングコース・ユーザーアカウントを削除すると、WADAは、当該ユーザーの個人情報、完了したWADA Eラーニングコースの得点、および特定のWADA Eラーニングコースを履修状況に関する情報を削除します。WADA E-ラーニングコースのユーザーアカウントが削除されると、WADAは削除日から1年以内のできるだけ早い時期に、当該ユーザーの個人情報を削除します。

  1. WADA E-ラーニングコースのデータ利用に対する同意

WADA E-ラーニングコース中に入力されたデータは、研究目的でユーザーの知識やドーピングに対する姿勢を評価するために使用されることがあります。WADAが研究者に上記データを提供する場合、WADAは、回答の匿名性を守り、身元情報と関連付けられないことを保証します。

  1. WADA E-ラーニングコースに関する情報の転送に対する同意

ユーザーは、ユーザーの氏名、スポーツ、居住国およびWADA E-ラーニングコースの履修状況を、関連するアンチドーピング機関のアンチドーピング規定に従って、WADAがユーザーに対する管轄権を有するアンチドーピング機関と共有することに同意するものとします。WADAは、アンチドーピング機関からの要請に応じて、また本契約の条件に従って、前述のアンチドーピング機関とのみ情報を共有します。

このような状況が発生した場合、当事者となるアンチドーピング機関も厳格な使用許諾上の規制を遵守しなければならず、適用される法律およびISPPPIに従ってユーザー情報を保護する責任があります。WADAと前述のアンチドーピング機関は、組織内の必要性のある、かつ権限を有する人物以外にユーザーのデータを開示することはありません。

WADA E-ラーニングコースのデータは、ユーザー居住国外にあるアンチドーピング機関と共有されることがあります。これらの国のデータ保護法とプライバシー法は、必ずしもユーザーの国の法律と同等であるとは限りません。いずれの場合でも、アンチドーピング機関はISPPPIに従わなければなりません。

  1. 権利

ユーザーは、適用法およびISPPPIに基づいて、不正確なデータにアクセスし訂正したり、不正なデータ処理の是正を求めるなど、一定の権利を有します。

  1. 異議権

ユーザーがWADA E-ラーニングコースのユーザーアカウントを作成する目的で個人情報を処理することに反対した場合、IFまたはNADOが要求するWADA E-ラーニングコースを完了することはできません。 IFまたはNADOの規定に拠って、国際レベルまたは国内レベルのイベントに出場できない可能性もあります。

  1. WADA E-ラーニングコースの乱用禁止

WADA E-ラーニングコースを通じて偶然利用可能になった如何なる手段でも、WADA E-ラーニングコースから資料や情報を入手すること、あるいは入手を試みることはできません。WADA E-ラーニングコース、WADA E-ラーニングコースが格納されているサーバー、またはWADA E-ラーニングコースに接続されているサーバー、コンピューター、データベースへの不正アクセスを試みてはいけません。サービス妨害攻撃または分散型サービス妨害攻撃を用いてWADA E-ラーニングコースを攻撃してはいけません。WADA E-ラーニングコースをホストするインフラストラクチャに対し、不当にまたは不均衡に大きな負荷を課すアクションを起こさないでください。WADA E-ラーニングコースの正常な動作、またはWADA E-ラーニングコース上で行われているアクティビティを妨害したり、妨害を試みるデバイス、ソフトウェア、ルーチンを使用してはなりません。

この規定に違反すると、適用法に基づいて刑法上の罪に問われる可能性があります。当社は、そのような違反行為を関連法執行当局に報告する権利を留保し、必要に応じてユーザーの身元を開示するなど、当局に協力します。このような違反が発生した場合、当該ユーザーのWADA E-ラーニングコースを使用する権利を即座に停止します。

当社は、ユーザーがWADA E-ラーニングコースを利用した結果、分散型サービス妨害攻撃、ウィルス、あるいはコンピューター機器、コンピュータープログラム、データ、その他の所有権を侵害するその他の技術的に有害な手段によって引き起こされる損失または損害については一切責任を負いません。

  1. 知的財産

WADA E-ラーニングコース規定、データベースのコンテンツ、およびWADAのロゴ、名前およびその他の記号はWADAの所有物です。WADAの書面による事前の同意なしに、いかなる形式またはいかなる手段によっても、WADA E-ラーニングコースのいかなる部分も、複写、再発行、検索システムへの保存、その他の方法で複製または送信することはできません。別段の定めがない限り、WADAは、WADA E-ラーニングコースおよびそれに掲載されている資料のすべての著作権およびその他の知的所有権の所有者またはライセンシーです。上記の権利はすべてWADAが所有しています。

  1. 責任の制限

法律で許可されている範囲に限り、WADAおよびWADAに関係する個人およびWADA E-ラーニングコースの作成、製作、提供に携わる個人は、本契約によって以下の責任から除外されます。

  • 法令、普通法、または均衡法が示す、すべての条件、保証およびその他の条件。 および
  • あらゆる種類の苦情、損失、要求または損害に対する責任。使用、使用不能、またはその結果として生じた直接的、間接的、偶発的または必然的な損失または損害を含みますがこれに限定されません。あるいは、ビジネスの喪失、利益の損失、収入または収益の損失、データの損失、のれんの喪失、管理の無駄から生じたかどうかにかかわらず、WADA E-ラーニングコースの使用に起因する苦情、損失に対する責任。ただし、予見可能であっても、不法行為(過失を含む)、契約違反、その他に起因するあらゆる種類の損失や損害が生じた場合に限ります。

これは、当社の過失による死亡または人身傷害への責任、または基本的な事柄に関する不正な虚偽の表示または虚偽の表示に対する責任、または適用法に基づいて除外または制限することができないその他の責任には影響しません。

  1. 保障

ユーザーは、WADA、その役員、取締役、従業員、代理店、サプライヤーおよび第三者パートナーに対し、合理的な法的手数料、申立て、請求および手続を含む、本契約に対するユーザーの違反に起因する、あるいはそれに関連して発生するすべての負債、損失、費用、損害および費用から保障するとともに損害・損失を与えないことに同意するものとします。

  1. 本契約に対する違反

当社は、ユーザーのWADA E-ラーニングコースの利用について、本契約に対する違反があったかどうかを当社の裁量で判断します。本契約に対する違反が発生した場合、WADAは適切な処置を取ります。その中には、たとえば、DA E-ラーニングコースを利用する権利の停止、 訴訟、合理的と思われる範囲で法令執行当局に関連情報を開示することを含みます。

  1. 条項の分離

本契約のいずれかの条件および条項が、管轄当局によって無効、違法または執行不能であると判断された場合、当該条件または条項は、残りの条件および条項とは分離されます。残りの条件および条項は、法律で認められている限り、引き続き有効です。

  • 準拠法

WADA E-ラーニングコースの利用および本契約は、カナダの法律およびケベック州の適用法に準拠し、法の抵触の原則を除いて運用され解釈されるものとします。WADA E-ラーニングコースの利用に起因する、またはWADA E-ラーニングコースの利用に関連する訴訟、紛争または申立ては、スイスはローザンヌのスポーツ仲裁裁判所にのみが管轄し、スポーツ関連仲裁規範に従って解決されます。

  1. 同意
  • 私は、本契約書の条項をよく読み、同意します。
  • ただし、私はWADAに、この契約書のセクションDに示されているような、研究目的でWADA E-ラーニングコースデータを保持することを希望しません。